働き方改革の取組み

「いわて働き方改革推進運動」

平成28年6月よりいわて働き方改革推進運動へ参加表明しております。平成28年には、ポジティブアクション推進プロジェクトの活動が評価され「いわて働き方改革AWARD2016」にて個別取組部門賞を受賞しております。

長時間労働の抑制

「定時退行日の設定」
各部店で週一回は定時退行日を定めて定時退行を行っております。
「時間外労働時間の抑制」
残業時間削減に向けて退行時間の具体的な目標を掲げ取り組んでおります。
月の平均退行時間を毎月算出し、退行時間管理を行っております。

休暇の取得促進

法令で規定されている年次有給休暇等の他に結婚休暇、家庭休暇、忌引休暇、公共休暇、災害休暇、長期休暇(7日間)を取得することができます。長期休暇7日間を活用し、土日を含め9連続休暇の取得を促進しております。

多様な働き方を選択できる取組み

「リ・キャリア制度」

「リ・キャリア制度」とは、育児や介護を理由に退職した行員が復職できる制度です。
詳しくは、採用情報 > リ・キャリア制度をご覧ください。

「キャリアアップ制度」

「キャリアアップ制度」とは、パートから嘱託員または行員、嘱託員から行員へとキャリアアップできる制度です。職員のライフイベントに応じて多様な働き方を提供できるようにしております。

「業務役制度」

平成26年12月よりシニア層の活躍を進めるため、業務役制度を導入しております。
業務役制度とは、満58歳を迎え役職定年を迎える者に対して、これまで築いてきたスキルを活かす目的で導入されたものです。

若手職員の活躍へ向けた取組み

「3年目行員トレーニー」
入行3年目を迎えた行員が希望する本部内の職務を体験できる取組みを行っております。本部内の職務を体験することで将来のビジョンを描きやすいようサポートしております。
「キャリアチャレンジ制度」
自分が希望する職務にチャレンジできる仕組みをつくり、若手行員を積極的に活用しております。

岩手県健康経営事業所

岩手県では、健康経営に積極的に取り組む事業所を認定する「いわて健康経営事業所認定制度」を創設し、当行も認定を受けました。

この制度は、働き盛り世代の健康づくりを推進するため新たに創設したものであり、次の5つの認定基準のすべてを満たしている事業所を認定するものです。

  1. 定期検診受診率100パーセント
  2. 受診勧奨の取組
  3. 食生活の改善、運動機会の増進等に向けた取組
  4. 受動喫煙対策
  5. 健康情報の定期提供

従業員の定期健康診断・ストレスチェックの受診率の向上、健康相談・保健指導を推進し、従業員の健康増進やワークライフバランスの実現に向けた取組みを進めて参ります。

ページトップへ