フィッシング詐欺にご注意ください!

フィッシング詐欺とは

実在の銀行・クレジットカード会社やショッピングサイトなどを装ったメールを無差別に送付し、そのメールにリンクを貼り付けて、その銀行やショッピングサイトにそっくりな「偽のサイト」に呼び込み、氏名や住所、電話番号、クレジットカード番号やパスワード等の個人情報を入力させてそれを入手し、現金や品物をだまし取るという詐欺です。

フィッシング詐欺にあわないために

当行では、電子メールで暗証番号など重要情報をお尋ねしたり、お知らせすることは一切ございません。

この種の心当たりのない電子メールをお受け取りになった場合は、暗証番号などの重要情報を入力したり、電子メールにて回答しないようご注意ください。また、ご不審な点がある場合は、必ず北日本銀行のホームページにアクセスし、そのような事実があるかどうかをご確認ください。

SaAT Netizenインストールのお願い

フィッシング詐欺被害の防止のために、セキュリティ対策ソフト「SaAT Netizen(サートネチズン)」のインストールをお勧めいたします。また、ログイン画面のアドレスに表示のURLについては以下になっていることをご確認願います。

個人インターネットバンキング「ネットダイレクト」

「https://bb3.ib.finemax.net/0509/B/B/B/C100/KBC11BN000B000.do」(注1)

法人インターネットバンキング「Biznet(ビズネット)」

「https://www3.suitebank3.finemax.net/KITAG/CIBMU201.html」(注1)

「https://www3.suitebank3.finemax.net/KITAG/CIBMU101.html」(注1)

であることをご確認ください。

詳しく見る

スパイウェアによる不正取引防止について

主に電子メールを媒介として、スパイウェアと呼ばれるソフト等が配信され、お客さまのパソコンからパスワード等が不正に盗まれ、ご預金口座から身に覚えのない振込がなされるという事件が発生しております。

見に覚えのない先からの電子メールは開かない、フリーソフトウェアのダウンロード等をしない等お客さまのご利用環境に十分ご留意されますようお願い申し上げます。

スパイウェアとは

パソコンなどで入力された個人情報をお客さまが気づかないうちに収集し、インターネット経由で送信してしまうソフト。

電子メールに添付されたり、フリーソフトなどのアプリケーションをインストールした際に、同時にインストールされることが多い。

「キーロガー」によるパスワードの盗難防止について

インターネットバンキングは、インターネットに接続しているパソコンであればどのパソコンからでもご利用いただけますが、「キーロガー」(キーボードの入力履歴を記録するソフト)による暗証番号などの盗難を防ぐため、ご自分で所有・管理していない不特定多数の人が使用できるパソコンからはご利用にならないようお願い申し上げます。

キーロガー(keylogger)とは

キーボードからの入力を記録して指定されたメール・アドレスに送信するソフト。

犯罪の手口
  1. インターネット・カフェなど不特定多数の人が利用するパソコンに「キーロガー」を仕掛ける。
  2. お客さまがそのパソコンを使ってインターネットバンキングをするとアクセスしたページ、ID、パスワード等、すべての重要情報が犯人へ送信されてしまう。
  3. 受信した犯人は、お客さまに成りすまして、インターネットバンキングの取引きができてしまう。
ページトップへ