ATMでの「1日あたりのご利用限度額」設定

盗難・偽造にあったカードで、ATMから不正に預金を引き出される被害が発生していることから、万一に備えて、お客さまの大切な財産をお守りするため、個人・法人のお客さまのATMでの1日あたりのご利用限度額を100万円と設定しております。

対象

個人、法人のお客さま

対象となるカード

当行が発行する全てのカード

ご利用限度額

  1. 当行ATMでの利用額
  2. 提携金融機関のCD・ATM(郵貯・セブン銀行・ローソン銀行・イーネット(ファミリーマート等)ATMを含む)
  3. デビットカード

1~3を合算して、1日あたり100万円(現金お引き出し、お振込を含む)

  • 1回の操作では、50万円までお引き出しできます。50万円超のお引き出しの場合は、繰り返しご操作ください。ただし、ローソン銀行ATM、イーネットATMご利用の場合は20万円までとなります。
  • 法人カード(利用限度額100万円)、ビジネスカードローン(利用限度額50万円)は、当行ATMおよび郵貯・セブン銀行・ローソン銀行・イーネットATMにてお取扱いいただけます。
  • 提携金融機関カードをご利用の場合、1日あたりの利用限度額は提携金融機関の定める範囲内となります。

その他の制限・サービス

キャッシュカード限度額任意設定サービス

お客さまのお申し出により、口座ごとにATMでの1日あたりのご利用限度額を当行所定の範囲内で任意に設定いただけます。ご希望のお客さまは、当行本支店窓口に「キャッシュカード」「預金通帳」「届出印」「運転免許証などのご本人確認書類」をご準備いただき、所定の手続きにより変更することができます。詳しくは、窓口でお問い合わせください。

キャッシュカードの暗証番号新規登録・変更時の制限

キャッシュカードを新規に発行される場合および当行ATMで暗証番号の変更操作を行われる際に、キャッシュカードに設定できる暗証番号に一定の制限を設けております。

暗証番号として設定できない番号の例
  • 生年月日が平成15年4月1日の場合
    「1541」「1504」「0401」等
  • 電話番号が「019-XXX-2345」の場合
    「2345」「5432」等

主なATMお取引のお取扱限度額

ATMでの標準ご利用限度額
カード種類 1.当行ATM 2.提携金融機関ATM 3.郵貯・セブン銀行・
ローソン銀行・
イーネットATM
現金支払 振込 現金支払 振込 現金支払
1



本人カード 1+2+3合計で100万円
代理人カード
法人カード 3と合計で100万円 1と合計で100万円
ビジネスカードローン 50万円 1と合計で50万円
1



本人カード 50万円 100万円 50万円 ※1 50万円 ※2
代理人カード 50万円 100万円 50万円 ※1 50万円 ※2
法人カード 50万円 100万円 50万円 ※2
ビジネスカードローン 50万円 50万円 ※2

※1:50万円もしくは提携金融機関で規定している一回あたりの限度額のいずれか低い金額となります。

※2:ローソン銀行ATM、イーネットATMご利用の場合は20万円までとなります。

ご注意
  • 生年月日や電話番号など、他人に推測されやすい暗証番号は、すみやかに変更されることをお勧めいたします。
  • 現金の引出しの際に、暗証番号を後ろから盗み見られたり、他人に知られたりしないようご注意ください。
  • 銀行員、銀行協会職員、警察官などが、店舗外や電話などで暗証番号をお尋ねすることはありません。
ページトップへ