山内 浩幸Hiroyuki Yamauchi渉外チーム
2016年入行 政経学部卒業

地域の未来にとって欠かせない銀行員になりたい。

「きたぎん」を選んだ動機はなんですか?
東京の大学に進み政治経済を専攻していました。将来は故郷の岩手に貢献したいと考えていたので、地域に広く携わる銀行ならそれができると思い決めました。「きたぎん」は実家の近くに支店があり、幼い頃に親と出かけた際など“子どもにもちゃんと接してくれる”ことを実感していました。
現在の担当業務(仕事内容)を教えてください
渉外営業グループで主に魚市場があるエリアを担当しています。一日中、市場にいることも多いですが、卸業者や加工業者など、魚の水揚げから流通を担う様々なお客さまと関わることができるので、業界自体の知識も覚えながら充実した毎日を送っています。
仕事のやりがい、失敗談について
名前を覚えてもらうことをきっかけに、住宅ローンなどのご相談につながった時には大きな充実感が得られます。仕事に慣れた頃、時間的に無理なアポイントを組んでしまったことがあり反省しました。以来、“慣れないこと、初心でいること”を自分のテーマにしています。
私の休日
学生時代はずっとサッカーをやっていました。いまは地元のフットサルチームに所属して、月に一回くらいのペースで実家に帰る際、地元の仲間たちと汗をかきリフレッシュしています。
後輩へのメッセージ
就職活動の最中“社会人になりたくない”という後ろ向きな気持ちになったことがありました。それだけ学生時代の時間が楽しかったということですが、実際に社会人になると、もっと楽しく充実した時間を得ることができます。ポジティブに自分の未来像を描いてほしいですね。
ページトップへ