堀切 詩帆Shiho Horikiri審査管理チーム
2015年入行 社会福祉学部卒業

自分らしく地域貢献できる存在になりたい。

「きたぎん」を選んだ動機はなんですか?
大学時代は社会福祉学を専攻していたので、将来は福祉系の仕事と考えていました。そのなかで母親から、かつて自分が銀行員になるのが夢だったという話を聞かされて興味を持ち、福祉とかたちは違っても幅広く地元社会に貢献できることから「きたぎん」への入行を決めました。
現在の担当業務(仕事内容)を教えてください
審査管理チームで窓口業務を担当しています。フリーローンやカードローンなどの融資をご提案していますが、支店ではお申込みから実行までを1人で担当するのが基本なので、分からないことは先輩たちに聞きながら、知識面をはじめいろいろと覚えています。
仕事のやりがい、失敗談について
あるお客さまに融資が実行となったことを電話でお伝えした際にとても喜んでいただき、大きなやりがいを感じました。失敗は、少し慣れてきた頃に機械操作を誤ってしまったこと。幸い大事には至りませんでしたが、それ以来“慣れは禁物”と自分に言い聞かせています。
私の休日
学生時代にバドミントンをやっていたので、いまでも時々大学のサークルに顔を出す一方、ずっと活動できる社会人サークルも探しています。友人たちと出かけることも多いですね。
後輩へのメッセージ
私自身、学生時代の専攻とは懸け離れた業界に就職しましたが、自分がまだ見ていない分野にも可能性はあると思うので、専攻に関わらずいろいろな業界を研究してみることをお勧めします。銀行は地域経済の根幹に携わることができるので、広く社会と関わることができますよ。
ページトップへ