北日本銀行の経営戦略

北日本銀行は多様化する顧客ニーズに応え、地域社会や経済の活性化につながる様々な取り組みをしております。

ここでは当行の活動を経営理念・現況・経営戦略・営業戦略を通じてご紹介します。

Chapter 1 当行の経営理念

~ 「地域密着」「健全経営」「人間尊重」 ~

企業文化を形成する主要な要素である経営理念を当行では、地域金融機関のあるべき姿として全役職員がこれを理解、共有化し業務に取り組んでおります。

右図のとおり「地域密着」「健全経営」は銀行の存在意義そのものを表しています。銀行の責務は、銀行の業務の健全かつ適切な運営を期し、国民経済の健全な発展に資することにあります。地方銀行は併せて地域の経済発展に寄与しなければなりません。この考え方を踏まえ、当行が地域にとって大きな公共的、社会的役割を担っていることを自覚し、責任ある企業として信頼に応えていくことを宣言したものです。

「人間尊重」は、企業において最も重要な経営資源は「人財」であると考える当行の姿勢を示しております。仕事の過程でお互いを尊重し、働きやすい、充実した組織作りを心がけ、これを実践しております。

Chapter 2 当行のマーケット

~ 北日本地域の発展を目指して ~

当行は岩手県盛岡市に本店を構え、北は青森、南は東京まで1都5県に77店舗の営業ネットワークをもつ地方銀行です。

本州で最も面積が広い岩手県は、製造業・農林水産業・観光業など多くの業種が活躍しています。当行はお客さまに対し資金ニーズのみならず、ビジネスマッチングや経営へのアドバイスなど、地域の身近な銀行員だからこそ得られる情報を活用し、提案や支援を行っております。

また、当行は岩手県外に20店舗を出店しております。県外店舗の出店数は東北の地方銀行の中でも有数であり、岩手県内はもちろんのこと東北地方広域にネットワークを築き、幅広い地域のお客さまに支えられている銀行でもあります。盛岡をはじめ仙台、八戸などの東北各所の有力なマーケットが当行の活躍するフィールドです。

Chapter 3 当行の業況

~ 経営の健全性を確保し信頼を築く ~

当行は、中小企業と個人のお客さまを中核取引先とし、資産の効率的な運用を図り、資産内容の健全化に努めております。

2020年3月期の決算においては、預金残高はコア預金(個人預金+法人預金)や公金・金融機関預金も減少したため、前期比323億円減少の、1兆3,169億円となりました。

貸出金残高は地場企業やリテール貸出金(住宅ローンや「ASUMO」を中心とした消費者ローン)が増加したものの、市場型間接貸出の減少などにより、前期比42億円減少の9,067億円となりました。

収益面につきましては、経常収益は、貸出金利回りの低下による貸出金利息の減少や、債券の償還などに伴う有価証券利息配当金の減少により資金利益が減少したことなどから、前期比7億57百万円減少し、188億49百万円となりました。また、経常費用は、国債等債権売却損等の減少により、前期比2億90百万円減少し、167億33百万円となりました。この結果、経常利益は、前期比4億67百万円減少し21億15百万円となり、当期純利益は、前期比2億85百万円減少し11億48百万円となりました。

銀行の健全性を示す自己資本比率は8.87%と十分な水準を維持し、また金融再生法の開示基準による不良債権比率は1.82%となりました。

外部機関である株式会社日本格付け研究所(JCR)からは、格付けA-(シングルAマイナス)「安定的」を取得し、経営の健全性・安全性に高い評価をいただいております。

Chapter 4 中期経営計画

「「Design The Future:2023」
 ~ お客様の“今”を支え、ともに“明日”を拓く ~

当行は2020年4月より2023年3月を計画期間とする中期経営計画「『Design The Future:2023』」をスタートさせました。

本計画のスローガンには、当行がお客さまと未来思考・志向の関係を築くことで、存在意義・価値を高め、お客さまのありたい未来に向けた様々な課題解決をサポート(デザイン)するという思いを込めています。また、「豊かな人間力と創造的開発力で、未来をデザインする“ユニークバンク”」を10年ビジョン(長期ビジョン)として掲げ、他にはない「Unique」な、おもしろい、わくわくする、そんな“ユニークバンク”を私たちは目指します!

“豊かな人間力”  柔軟な発想を持ち、親身になって考動できるチカラ

“創造的開発力”  ICTの利活用によって、仕事やサービスの仕組みを開発するチカラ

“未来をデザインする”  この10年で激変するであろう経済、社会、暮らしで、私たちの、地域の、未来を共創すること

中期経営計画概略図

Chapter 5 地域経済活性化への取組み

~ 営業統括部法人営業Gの取り組み ~

法人営業Gは、震災で影響を受けた企業の支援や被災地域復興の貢献を目的とする「復興支援チーム」、農業と医療福祉の特定業種に精通した人材が籍を置く「アグリビジネスチーム」「メディカル・ケアチーム」に加えて、国が主導する地方創生の推進にあたり、地域金融機関に期待される役割を発揮するため、2015年4月に「地方創生推進支援チーム」を新たに設置し、本部と営業店が連携し、個別のニーズに応じた企画の提案や事業化ノウハウの提供など幅広い活動を通じ、地域の復興を支え地域経済の活性化に貢献しております。
各分野の取り組みとして、復興・支援分野では、被災した企業の支援を地域の復興に向けて、復興支援チームと審査部企業支援チームが中心となり、各営業店が連携を図りながら被災企業を訪問し、今後の事業継続や固有の経営課題に対してきめ細やかな支援を実施しております。

医療・福祉分野では、認定登録医業経営コンサルタントにより構成されるメディカル・ケアチームを中心とした営業店・本部一体となった経営サポート体制により、様々な課題解決を支援しております。従来の融資に加え、「地域ヘルスケア産業支援ファンド」の活用など多様な資金調達手段の提供により、「医療に強い銀行」を目指しております。

アグリ・食産業分野では、「きたぎん六次産業化支援ファンド」を設立し、六次産業化を目指す事業者・生産者に対し、多様な資金調達手段の提供や経営のハンズオン支援など、総合的にサポートしております。

また、地方創生の推進に向けて、各市町村における地方版総合戦略策定に参画し、当行が持つ各専門分野(医療・介護、農業・食品関連、事業承継等)におけるノウハウの提供や専門家派遣等の外部ネットワークも活用するなど総合的に支援しております。これまでに遠野市や一関市等を含む岩手県内12市町村とそれぞれ地方創生に係る連携協定を締結しました。今後も市町村と一体となって地方創生の推進に取り組んでまいります。

Chapter 6 ライフサポート

~ お客さまのベストパートナーとして ~

お一人お一人のライフスタイル、生活観、価値観、将来設計が違うように、資産の運用計画やローン利用目的はそれぞれです。当行ではお客さまお一人お一人にフィットする金融商品のご提案を心掛けております。

個人向けのチャネルとして預金商品・投資信託・個人年金保険・証券仲介だけでなく、病気やケガを保障する医療保険や学資保険、ペット保険も取り扱っています。幅広い金融商品を用意することで、お客さまの要望にあったポートフォリオを作成し、きめ細かなアドバイスを行っております。

資産運用のスペシャリストであるマネーアドバイザーは、営業店に所属しながら高い金融知識に磨きをかけ、お客さまと同じ目線で資産運用をご提案し、リテール業務に精通した本部在籍のリテールマネージャーは営業活動やCSなど、営業店を直接指導することで顧客ニーズ対応型の営業力を高めております。

ローンについても独自の商品開発を行い、ニーズにあったご提案ができるよう様々な商品ラインナップを用意しています。住宅ローンの「新・家族愛」「かえサポ」、くらしのいろいろな場面で便利に利用いただける「ASUMO(アスモ)」など、お客さまの声や営業店行員の声を反映して開発したローン商品が多数あり、お客さまから好評をいただいております。

また、既存の営業エリア外のマーケットへ裾野を広げるため、2015年7月に開設した「インターネット支店」は、東北の地銀・第二地銀では初めてとなる“完全ペーパーレス・印鑑レス”で口座開設できるスキームを実現させました。またコンビニエンスストアATMの利用時間を拡充させるとともに、2017年10月より「北日本銀行アプリ」取扱や「LINE」による情報配信を開始させるなど当行の利用利便性を更に図るなど、今後もお客さまの個別ニーズへ積極的に応えてまいります。

また、2017年10月にほけんの窓口グループ(株)との業務提携を行い、「盛岡南ローン・ほけんプラザ」を開設しました。2020年4月には2号店となる「盛岡北コンサルティングプラザ」を新たに開設し、ライフプランニングに精通した専門スタッフの配置等により、“お客さまに寄り添う”情報提案を行ってまいります。

Chapter 7 ダイバーシティ推進の取組について

~ 『きらっ at Work プロジェクトチーム』の取組み ~

2014年9月に発足した女性活躍推進プロジェクトチームでは、『女性活躍推進』をテーマに、女性の視点から現状分析や具体的企画・提言を行い、様々な取り組みを実施してきました。このプロジェクトの取り組みを引継ぎ、2017年10月からは名称を変更し、さらに職員一人ひとりが“きらっと”輝いて働くことのできる環境づくりに取り組んでおります。

実施した取組みについては、産前産後・育児支援ガイド「パパ・ママサポートガイド」の発行、産休・育休取得者へのアンケートの実施、介護・育児による退職者のリ・キャリア制度の運用、女性行員の職域拡大を図るセミナー等のアイディア等が生まれ、実行されました。これらが評価され「いわて働き方改革AWARD2016」にて個別取組部門賞、同AWARD2019にてもりおかワーク・ライフ・バランス推進盛岡市長賞を受賞しました。

また、男性行員育児休業取得率の向上や、所定外労働時間削減のための措置を講じた行動計画などが認定され、2019年5月に次世代育成支援対策推進法に基づく「子育てサポート企業」として認定を受けました。

今後も女性活躍だけでなく、職員一人ひとりがきらっと活躍できる組織に向けて働き方改革を推進してまいります。

2019年認定 くるみん 子育てサポートしています

ダイバーシティ推進の取組についての詳細はこちら

Chapter 8 健康経営への取組みについて

地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する「健康経営優良法人認定制度」にて2020年3月に経済産業省および日本経営会議より「健康経営優良法人」の認定を受けました。

当行では、持続的な成長を実現していくうえで、従業員の健康を経営課題として捉え、今後も従業員の健康増進やワークライフバランスの実現に向けた取組みを進めて参ります。

ページトップへ