頭取メッセージ

平素は格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

さて、当行では、「地域の皆さまとたくさんの接点を持ち、たくさんの夢を聴き、その夢の実現をサポートすることで、ともに成長する」ことを目指し、平成26年度から3か年の中期経営計画「Approach~確かな復興と、夢の実現のために~」に取組んでおります。

計画期間2年目となる平成27年度は、主要計数目標として掲げた「リテール貸出金」については着実に残高を積み上げ、収益面においても計画を上回る水準を維持するなど、これまでの取組みが一定の成果をあげております。しかしながら、足もとでは、日銀のマイナス金利政策導入による金融市場への影響もあり、貸出金を含めた資金運用利回りの低下傾向が続き、厳しい収益環境にあります。

そのような中、平成28年度は、中期経営計画の最終年度として、計画に定める4つの基本方針「震災復興支援・地域経済の活性化」、「競争力の高い人材の育成」、「営業力の強化」、「エリア・店舗戦略」に基づいた施策を仕上げ、総合的な金融サービスの充実に向けて役職員が一丸となることで、目的である「顧客基盤の拡大」につなげてまいります。

人口減少など社会・経済構造の変化が本格化していく中にあっても、創業の原点である「庶民金融」の実践を通じ、お客さま、株主の皆さまをはじめとする全てのステークホルダーとの共感と信頼関係を確かなものとし、地域経済における役割を真摯に果たしてまいります。

今後とも一層のご支援、ご愛顧を賜りますようお願い申し上げます。

平成28年7月

取締役頭取 佐藤 安紀

ページトップへ