頭取メッセージ

平素より私ども北日本銀行に格別のご支援、お引き立てを賜り、誠にありがとうございます。

当行は、平成29年6月をもちまして、佐藤安紀が取締役会長に、その後任として、私、柴田克洋が取締役頭取に就任いたしました。微力ではございますが、皆さまのご期待にお応えすべく全力を尽くしてまいります。

北日本銀行は、昭和17年に岩手興産無尽株式会社として創業して以来、75年間にわたり、中小零細企業と個人のお客さまに親身に寄り添い、時代の変化に対応しながら金融サービスを展開してまいりました。 おかげさまで、平成28年度決算につきましては、マイナス金利政策の導入などかつて経験したことのない経営環境の変化に直面する状況下、「中期経営計画(Approach)」の総仕上げとして、諸施策に全行を挙げて取り組んだ結果、目標を上回る25億円の最終利益を計上することができました。これもひとえに皆さまの温かいご支援の賜物と深く感謝申し上げます。

今年度から新しい経営体制のもとスタートした「中期経営計画『Focus2020』」では、創業の原点である「庶民金融」の精神を継承・進化させ、変化する経営環境に適応していくため、「シンカ(進化・深化)する3年~すべてはお客さまの課題解決に向けて~」のスローガンのもと、「リテール金融への更なる深化」と「営業チャネルの最適化」を基本方針といたしました。生産性の高い営業体制を構築しながら、より一層親身にお客さまの課題解決に貢献していくことを目指し諸施策を展開してまいります。

当行はこれからも「地域密着」の経営理念のもと、株主および地域の皆さまからの信頼にお応えすべく、より質の高い金融サービスの提供と安定した業績の確保に向け役職員一丸となって全力で取り組んでまいりますので、引続きご支援、ご愛顧を賜りますよう、心よりお願い申し上げます。

平成29年6月

取締役頭取 柴田 克洋

ページトップへ