頭取メッセージ

皆さまには、平素より格別のご高配を賜り、厚く御礼申し上げます。

当行の主たる営業エリアである岩手県は、逼迫する労働需給の影響から雇用・所得環境の改善が見受けられ、個人消費の持ち直しの動きが続いております。しかしながら、復興需要に支えられてきた住宅着工戸数も、県央部を除き大幅なマイナスに転じるなど一部に陰りが生じてきております。このような背景のもと、当行を取り巻く経営環境は、長引く低金利環境の影響から引き続き厳しい状況が続いております。

そのような中、当行は、最終年度を迎えた「中期経営計画『Focus2020』シンカ(進化・深化)する3年 ~すべてはお客さまの課題解決に向けて~」のもと、「リテール金融への更なる深化」と「営業チャネルの最適化」の基本方針に則り、お客さまのライフストーリーをよく理解し、最適なサービス・商品を提供できる切れ目のない営業体制を目指すとともに、営業体制の改革をはじめとした営業チャネルの最適化により独自性を追求し、環境変化に打ち勝つ事業モデルのシンカ(進化・深化)に向け、引き続き役職員が一丸となって取り組んでおります。

さらに、地域社会の課題解決への関与や、コーポレートガバナンスの高度化など、当行グループの持続的成長に求められるESG(環境、社会、ガバナンス)への取り組みを積極的に進めてまいります。

当行はこれからも「地域密着」の経営理念のもと、株主および地域の皆さまからの信頼にお応えすべく、より質の高い金融サービスの提供と安定した業績の確保に向け役職員一丸となって全力で取り組んでまいります。 今後とも、皆さまには、一層のご愛顧とお引き立てを賜りますようお願い申しあげます。

2019年7月

取締役頭取 柴田 克洋

ページトップへ