VISION 人事ビジョンを知る

ユニークバンクを実現するために。

新中期経営計画のスタートとともに、新たに人事ビジョンを制定いたしました。それが「未来をデザインする自律型人財とエンゲージメントの共創」です。これは成長社会時代の考え方であった、組織が主役の画一性の人事制度ではなく、成熟社会時代にふさわしい多様性や複雑性を根本に置いた「個人が主役」となる人事制度に向かうことを意味しています。例えば、キャリアパスに関してもこれまでは人事部側が示すものに則る形でしたが、これからは自分で自身のキャリアを考えることが基本であり、それが「自律型人財」へ向かう第一歩となります。

きたぎんが掲げる「ユニークバンク」は本来、唯一無二の存在という意味ですが、これは戦略的にユニークであることに加え、お客さまに対してワクワクするような価値や期待をご提供する意味もそこには含まれます。そんなユニークバンクを実現するために、我々は自分で考え行動できる自律型人財を求めています。

お客さまや仲間たちと尊い信頼関係を育みながら、自分自身のキャリアにもワクワクできるような前向きな挑戦意欲をもったみなさんの「きたぎん」への参画を心待ちにしています。

人事部長 村上 浩紀

  • 人事ビジョン相関図

自律を目指す行員を、全力でバックアップ

当行の10年ビジョン、人事ビジョン実現のための目指すべき人財像を「自己概念をもった自律型人財」と定めています。時代は成長社会から成熟社会へと変化しており、現代はVUCA時代とも言われ、変化の激しい、不確実で、複雑で、曖昧な時代です。

そのような中、当行では「人財育成・キャリア支援」を経営の重要テーマとして掲げており、人事部を中心に、目指すべき人財像を体現するための環境整備を進めています。

人財育成グランドデザイン

こちらは人財育成・キャリア支援についての概要となっております。行員一人ひとり(個人)は、目指す人財像実現のため、自律へ向け、経験を内省し、自らのありたい姿を実現するための努力と考動を行います。自律とは、知識や技能の自律を越えた”こころの自律”であると考えており、自分がどう生き、どう働き、どのようなキャリアを描いていきたいのかを積極的に考え、そのために考動を起こせることと定義しています。「自己概念をもった自律型人財」の実現に向け、上司と人事部がそれぞれの役割を全うすることで、一人ひとりの”想い”を”カタチ”にし、銀行とのエンゲージメントを高めていくことを目指しています。

人材育成のグランドデザイン