健康経営の取組み

健康宣言

北日本銀行は、「地域密着」「健全経営」「人間尊重」の経営理念を基盤にし、「職員」を最大の経営資源として考え、職員を最大限活かす組織とすることを目標としております。
そのために従業員の心と体の健康を守り、職員一人ひとりが“働きがい”を持ち、豊かな人間力を発揮できる職場環境の整備に努めて参ります。
お客さまの未来をデザインし、当行が持続的に成長していくために健康経営の取組みをこれまで以上に加速して参ります。

健康経営推進体制

健康経営推進体制図

健康経営優良法人

地域の健康課題に即した取組や日本健康会議が進める健康増進の取組をもとに、特に優良な健康経営を実践している法人を顕彰する制度「健康経営優良法人制度」において、優良な取組みを実践している法人として「健康経営優良法人 2020(大規模法人部門)」に認定されました。

岩手県健康経営事業所

岩手県では、健康経営に積極的に取り組む事業所を認定する「いわて健康経営事業所認定制度」を創設し、当行も認定を受けました。

この制度は、働き盛り世代の健康づくりを推進するため新たに創設したものであり、次の5つの認定基準のすべてを満たしている事業所を認定するものです。

  1. 定期検診受診率100パーセント
  2. 受診勧奨の取組
  3. 食生活の改善、運動機会の増進等に向けた取組
  4. 受動喫煙対策
  5. 健康情報の定期提供

従業員の定期健康診断・ストレスチェックの受診率の向上、健康相談・保健指導を推進し、従業員の健康増進やワークライフバランスの実現に向けた取組みを進めて参ります。

ページトップへ