SDGs経営サポート

きたぎんSDGs経営サポート
SDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)

北日本銀行では、お取引先企業さまのSDGs(Sustainable Development Goals:持続可能な開発目標)への取り組みを促進するため、SDGsの取り組み状況を確認し、優先課題を決定した上で、目標設定を行うこと、また、サプライチェーン分析による事業活動の流れとSDGs貢献度を分析し、未来志向の目標設定をサポート致します。

取組背景

きたぎんSDGs経営サポートは、国際的な指針である「SDG Compass」 、経済産業省の共創価値ガイドライン、金融安定理事会(FSB)の「気候関連財務情報開示タスクフォース(TCFD)」を参考に企業のSDGs基づく戦略策定を支援するものです。

本サービスをきっかけとして、経営者および従業員に対するSDGsの理解を浸透することができ、持続可能な経営基盤の強化につながるよう、リレーションシップバンキングとしての地域金融機関の役割を果たして参ります。

きたぎんSDGs経営サポートの開発は、株式会社日経リサーチ「SDGs経営推進プロジェクト」に協力いただいています。

ポイント

1. SDGs宣言
Basic(基本版)によるSDGs経営全般における宣言書作成をサポート。なお、診断チェックにおいては、59項目の各質問に対して、マテリアリティ(重要課題)、現状の取組状況、取組実績という3つの回答結果に基づくマトリクスを作成し、自社のSDGsに関する見える化を実施します。
2. 価値創造ストーリー
Progress(発展版)による事業活動のサプライチェーンに着目した分析。事業活動における正負の影響度やロジック分析によるSDGsへの貢献度を見える化し、価値創造ストーリーを作成します。
3. 当行独自のSDGsコンサル
当行独自のSDGs診断・分析ツールを活用したSDGs経営サポートを実施。Basic→Progressとの一連のサービス提供により、未来志向のSDGs経営の実践をコンサルティング支援します。

サービス概要

きたぎんSDGs経営サポート Basic/Progress
  • きたぎんSDGs経営サポート Basic
  • きたぎんSDGs経営サポート Progress
  • 名称 きたぎんSDGs経営サポートBasic(基本版)
    目的 SDGs経営の現状分析により、優先課題を決定し、SDGsの取り組みについて目標設定し宣言することで、社内におけるSDGs経営の浸透を図る
    • Basicは企業全体の経営に関するSDGsの浸透を目的としており、サプライチェーン分析による自社の具体的な事業に関する未来志向の貢献度を見える化し、ビジョン経営として表現する場合はProgressを利用する
    対象者 当行と預金取引のある法人のお客さま
    サービス内容
    • ステップ 1

      SDGsを理解する

      SDGs経営診断チェックシートによる分析

    • ステップ 2

      優先課題を決定する

      ワークシートを活用した優先課題の決定

    • ステップ 3

      目標を設定する

      SDGs宣言書の策定支援(当行HPで掲載)

    成果物 診断報告書、SDGs経営宣言書
    取扱手数料 110,000円(消費税込)
  • 名称 きたぎんSDGs経営サポート Progress(発展版)
    目的 Basicに加え、サプライチェーン分析による自社の具体的な事業に関する貢献度を見える化し、未来志向のビジョン経営として発信する
    対象者 きたぎんSDGs経営サポートBasicを利用したお客さま限定
    サービス内容
    • ステップ 1

      サプライチェーン分析

      事業が与える正負の影響を分析する

    • ステップ 2

      ロジックモデル分析

      事業活動の流れとSDGs貢献度を分析する

    • ステップ 3

      未来志向のビジョン設定

      事業活動に関してバックキャスティングでビジョンを設定

    成果物 サプライチェーン分析マップおよび貢献度を示した「価値創造ストーリー」の発信
    取扱手数料 330,000円(消費税込) ※BasicおよびProgress両方のサービスを含む
SDGs宣言をした取引先一覧

お申込み・ご相談

窓口

店舗を探す

北日本銀行本支店窓口にてご相談ください。

ページトップへ